お勧めの本

2010/ 08/ 27
                 
ネットが無い間だとかAION休止してからだとかいろいろ本を読んでいるわけで。
今日も適当に一冊紹介。

僕は日本SF界きっての鬼才またはマジ基地な筒井康隆の作品がかなり好きなんだけど、
この人の作品、シュールなのやらグロやらが多すぎてなかなか人にお勧めできないのです。


「書くな」といわれたことは片っ端から書くしねーこの人。
昔断筆宣言騒ぎとかしたことがあって、
そのきっかけはてんかんをネタにして抗議が来たことだったと記憶しています。



今日紹介したい作品はこれ


国は増えすぎた老人人口をコントロールするため、老人同士の殺し合いを始めさせた。
町内で生き残るのは一人。
ご近所同士の生き残りをかけた殺し合いが始まる…



俺と同年代の方はここで気づいたと思いますが、これは
「バトル・ロワイヤル」のパロディです。
パロディといってもしっかり設定をつくり、文章もきれいで、
原作の稚拙な部分が結果的にハイライトされてしまっているように感じます。
過激な表現に目をつぶれば、かなりレベルの高い作品です。


この作品も好き嫌いが分かれそうなところではあるのだけど、
興味がある方は古本屋で見つけたときにでも買ってみるのをお勧めします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

ォビス君は爆発しなければ、物凄くまともだよね。


性格的に黙っていられないんだろうけど。


ガープスベーシックでォビス君をキャラメイクすると特徴欄が面白くなりそう。
No title
筒井かー、あの人の作品10代の時によく読んだよ。
シュールでブラックな笑いの作品が多くて、楽しかったな。
でも時をかける少女とか、原作が筒井だったとき凄く驚いた。

バトルロワイアルは社会現象にまでなったよねー。
昨今の残虐アニメ、漫画はあの流れを汲んでるんだと
勝手に思ってるw

銀齢の果てか、パロディなら老婆が色仕掛けで
他の参加者を・・・おっと・・・
エロかー減税
読書最近してないなー・・・
エロテキストならいっぱいよんでるけども

バトルロワイヤルは思い出深い作品で学生のとき夢中で読んだ記憶があります
その後もなんども読み返すほどの愛読書になっております
高見先生の新作に期待してるわけですが、でないんでしょうねやっぱり
社会現象っつーか人の死が小説やアニメで記号化され過ぎた反動ではないでしょうか
稚拙な部分ですが思い当たるところがありませんでした\(^o^)/
なんだろ頭はじけたとこかな?わっかんねわっかんね

筒井先生ですが時掛けでしか知らずしかもひらがなおおすぎだという理由で最後まで読めませんでした/(^o^)\
頭ん中お花畑なおっさんかとおもったらそうでもないんですね
ハイヒールと共演してるときは少なくともそうみえました

ということで読んでみますね
エロゲーのエロテキストを
No title
>一人目

■不利な特徴
画像を処理できない
かんしゃく
頑固
義務感

残忍
直情
人嫌い

こうですかわかりません><

>ジャム
君が期待しているものはたぶん大体入っているから、読んでみるといいですよ。

>ぼらぎ
原作は設定がいい加減です。
なぜそうなったか、という説明がちょっと無理があります。
まーそこまで考えて読む必要は無いと俺も思いますけど。

文章もへたくそではありませんが、筒井と比べるとぜんぜん足りないです。
読み比べて判断するのをお勧めします。