【AION】要塞戦指揮覚書(三)

2011/ 03/ 06
                 
晒しに誰かがURLを貼り付けたのに、ぜんぜんアクセスが増えていない件。
・晒し住人がもう飽きてこなくなった
・晒し住人=ここの住人で層がかぶってた
どっちなんでしょうね。
まあ両方でしょうね。

さて、前回は声出しの仕方について書く、と予告しましたが、
その前に書かないといけないことがあったのを忘れていました。

というわけで、どうせなので今回は壮大にわき道にそれてみます。
今回書かないけど、この辺の話は高校でしっかり公民勉強してれば「あれ?」と思う部分があるかもです。
蛇足にもほどがあるし、もう少し砕いて話するからみえるかどうかわからないけど。

■三・参加者を増やす方法
●PvPもPvEも同じ
何を言ってるんだこいつは、と思うかもしれないが良く考えてほしい。
自分がひどい目にあったことがある糞地雷募集主のPT募集が埋まらないのを見て、
「ざまあwwwwww」って思ったことは誰もが経験したことだと思う。
俺なんてしょっちゅうだ。

なぜうまらないか。
それは誰もが「苦労したくない」と思っているからだ。

つまり「負けそうなところには普通出てこない」って原則が両者に間違いなく存在している。
味方をへたれと罵るのも良いとは思うが、避けることの出来ない現実として、これがあることは認識すべき。

今回の記事では味方を勝ちの波に乗らせる前の状態、
最近のユス魔で言うと10年12月から11年1月くらいの状態を想定している。
勝ちが磐石になってからは参加者は勝手に増えるので、そこでの人集めについては今回特に記載しない。

集まらない人をどうやって集めるか、について今回切り崩してみようと思う。

●リネとAIONは違う
言い方は悪いが、リネで半端にPVして何か勘違いしている人ほどここについて間違った認識をしているという印象がある。
はっきり言うが、リネとAIONは全くの別ゲームである。

リネで廃人層やらPV強いやら領主がうんたらかんたらやら良くわからないがそういう人がでかい顔が出来るのは、
「逆らったやつをぶち殺せるから」だ。
それはそれで楽しそうだし否定はしないが、AIONはそういうゲームではないので、
そこでの常識はいろいろと通用しない。

どんなに力を持っていても味方に対してその力を行使できないので、
「強い俺様の言うことを聞け」という考え方自体がナンセンスなのである。
ここでさらに「同族PK実装できないかな」とか言っちゃうとただの阿呆に成り下がるので、
ここは違う切り口で考えよう。

時々同族にPK粘着したくなることがある気持ちは否定できないけど、
参加しないやつに対して罵ったりしても逆効果だという話は
指揮をするなら頭に入れておいたほうがいい。
何度でも言うが、AIONはリネージュではない。

●人を集める方法
では劣勢時に要塞を指揮しようと思う人間はどうやって人を集めたらいいのか、という話になる。
正解は「出来るだけ多くの人間を当事者として巻き込む」である。

自分の知り合いだけを集めても、せいぜい20人かそこらしか集まらない。
だが何人もが指揮系統として動くとして、その全員が知り合いを集めたとしたら、
立派な人数が集まるだろう。

ありがたいことにユス魔はある程度体制が整っていれば要塞に協力的な人が多いため、
根回しをしっかり実行すればそれなりに人は集まる。

●祭り攻めの功罪
さらに劣勢時有効なのは祭り攻めである。

人をひきつける能力がある人がノリでそれなりの人数を集めることは可能だ。
祭り攻めなら苦労しようが数で負けてようが、いつも来ない人も含めて動員できる。

だが、天優勢時は天側参加者がかなり多いため、
祭り攻めをもってしても攻めきれない場合はこれでもだめなのか、と反動が起こるのと、
次回以降のことを考えていないと簡単にひっくり返されるということを頭に入れるべき。
つまり、祭り攻めは起爆剤としては有効だが、持続させるためにはもう一工夫必要という話だ。
それだけではだめなのだ。

また、逆に天に祭り攻めをされた場合やってみるまでもなく負け確定で、そのまま暗黒期に突入しかねないため、
(勝ったことあるけど。勝ったことあるけど。)
ダメージを下げる動きが必要。顔真っ赤にすると逆効果だ。
アビス上層の現状は天の祭り攻めを併発させるため、生かさず殺さずで粘りたかったのだが、
想像以上に天が弱かったため、現状の真っ青なアビスになってしまった。
ここについてはまた機会があったら記載する。


また長くなってしまったので、今日はこの辺にしておく。
具体的な戦術についてそろそろ話をしたい。
ランチェスターの法則のこととか揚げ足取りながら書いたら楽しそう…
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント

        

No title
11年12月とな
No title
間違えた!直しとく!!