Ingressの情報収集方法

2017/ 07/ 03
                 
ネタをどうやって拾ってくるんですか?って話を聞いたのと、
あとRESが極端にこの方面で弱いので、ある程度ノウハウを共有しておこうと思います。
情報ガー情報ガーっていう人が結構おりますが、
このゲーム、基本IntelMapとGoogle+の一般公開情報で必要な情報は全部得られます。

出回ってる話ですが、
正当派の情報の集め方を書くと、

IntelMapについては
IITCのプラグインを自分で大量に作る
・サーバー作ってIntelのログを流し込む

詳しくは書きませんし俺にそんなスキルレベルと暇はありませんのでやってないですけども、
この辺割とガチで規約に触れたり、下手すると法律に触れたりもするんですが
こういうことをやる勢は割と捕まらなきゃセーフの精神でやってるっぽく。
たとえIntel抜き用アカウントがBANされてもゴニョゴニョだから関係ないもんなー
(ちょっと考えれば誰でも思いつく話)

まあ明確に悪なんですが、情報は貴重ですからね。
緑で出回ってるって情報が以前出てたFF感知ツールとかもその手の情報収集の産物ですね。

Google+についてはおちゅーんの方式が正当派かついろいろ役に立ちそうですね。
炎上検知システムを作り上げてるっぽいので。
この辺もコメントの付き方とかで検知するシステムを作ると面白いかも知れませんね。
若干は情報が古くなりますが、情報収集なんかに時間使ってられない!って人は彼のG+に注目ってことで。

陣営情報もキーワードを気にすれば、似たような手法で見つけられるはずですね。
こういうのは諜報のテクニックで実際あって、「OSINT」っていうジャンルも確立していますので、
技術的に興味がある人はその辺を引っ張ってくると面白いと思います。


対して、私のところをよく見ていたり、私と話をしている人は気づいていると思いますが、
私は実はツール的な手法は使っていないんですよ。
私が言ってるIntel見ればわかる話は、元ネタはよそからもらってきて、それをIntel見て検証したりしてます。
おおつね氏が言ってる「1クリックで0.5秒寿命が縮む」って話は正しいし名言だと思いますが、
技術がないのと、自分の速読スキルと過集中スキル使ってるので、私はそういうツール的なのはやってません。
私の方法でもIngressネタについては結構持ってこれますね。

具体的には
・一日1000ポスト以上を目安にG+を見る
・燃えてる予兆に反応する
の二つなんですが、ただ読むだけでは意味がないので、
なぜその話を今ここでするのかっていう言葉の裏を推察しながら読んでいきます。
その人の人間関係、その投稿に+している人間、以前の投稿の傾向から、「何を言いたいのか」を推察して、
その投稿だけじゃなくて反応を見て、推論の裏付けをとっていきます。

RESがお漏らし多いって言われるのはエアリプ文化のせいはあると思うんですよね。
エアリプって本人思ってるより情報量多いですからね、パン粉で書いてるし。そういうの書くやつ大体アホだし。

んで、そういうのをまとめていって発信していると、似たような人が周りにだんだん集まってきますので、
情報収集は格段に楽になっていきますね。
例えば単に燃えてるだけの案件については、大体Nagさんが第一報をしてくれますしね。

この方法の最大の難点は
・時間がかかること
・どうしても観測範囲が限られること
・仲間を作ったら作ったで確証バイアスの罠にはまりやすいこと

この三つですね。
自分でわかっててやる分にはいいと思います。

あとは結局推論部分が一定の割合を占めるので、どんなに頑張っても90%以上に確度が上がりません。
ツール使うよりキツい情報は取れるのですが、確度についてはかなり難ありです。
そもそも情報源自体にもバイアスかかってますしね。
間違っていた時に謝るのが嫌な人は使わないほうがいいと思います。

この方法はヒューミントって言われる奴で、おちゅーんのやつと方向性が全然違うんですよね結局。
俺はおちゅーんのやつのほうが確度が高くて好きですが、
陣営戦とかのマスクが多い話ではうちのやり方のほうがいい情報取れると思われます。


とりあえずIngress民で情報収集に興味がある人は
自分の特性にあわせてやってみると楽しいかもしれませんね!
運が良ければバズっちゃうかもしれませんよ!
明日から君も(晒しスレの)人気者だ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント

        

その人の書き込みに+1してる人リストを作ってクラスタ重み付け。
エアリプ時とそうでない時の+1クラスタ傾向を見ると推測可能な情報が増える。

具体的に言うと+1していないひとが浮かび上がるので、その人の活動エリアのログを再確認する。
あー流石賢いですね。
その方法もありなのか。

Google+からデータを抜く仕組みがめんどそうですが、
ちょっと調べてみますわ