フリン効果と取り残される人たちとIngress

2017/ 07/ 15
                 
ここしばらく若干バズってる話として、フリン効果ってのがある。

えっけいさんが大好きな不倫gressは関係ないですからね

ここ100年、人類のIQは上がり続けている。では、具体的にどのように「賢く」なっているのだろうか。
詳細は上のリンクを参照。

現代はちゃんとチャンネルを開いている人なら、
多様性に直面させられ、自分より頭がいいヤツが絶望するほどたくさんいることに嫌って言うほど気づかされ、
全員を味方にすることなんて無理!と思い知らされる時代ですね。

この話を読んだときに私が一番初めに思いついた話は、この間はてなでバズった、

はてなの中高年は今井絵理子の発言を理解できない

この話だったりします。
引用すると、

あいつらは「批判」をすっごい悪いことって意味で使ってるの。
「批判」は和を乱すとか喧嘩を売るって意味でしかない。ケチをつける。因縁をつける。人の気分を悪くする。
これはもちろんおそるべき低知性・低学歴の表出と取っていいと思うけど
ディベートやディスカッションの訓練をしない日本の公教育カリキュラムの悪影響も合流してると思う。
意見をぶつけ合うことは異常事態であって悪いこと。



これってまさに「多様性の理解・尊重」の真逆にあるものなんですよね。


時代の流れがグローバルに、人間の可能性が無限大になっていってる一方で、
取り残された人たちが、批判を許せない、同意と承認だけのコミュニティを築いていく、という構図が出来上がるわけです。

はてなの話は、若い世代にこの流れができている、って視点で書いていますが
俺から言わせてもらえば、上の世代も全部同じです。

ネットでバトってる人たちがむしろ例外で、
時代についていけなくても惰性でなんとかなってる経営者や、
技術が身につかなくてもなんとなく飯を食うのに困らないで済んじゃう人とか、全部こんな感じ。

根本的に言うと教育の問題です。いじめ問題とかも見てると根っこにこの話があるし、
子供は大人の縮図でしかないから、世の中では同じことがずっと起こり続けています。
ここから抜け出すためには親があれこれ教育に金をかけなければならない、ってそんな構造なんですよね。
対策ができていない以上、日本のこれから先の凋落は決定的かな、ってちょっと絶望しています。

ネットでも全体的には同じようなことが起きていて、Youtuberあたりを見ていればわかる話なのですが、
ヒカキン氏あたりをみても、ウケるコンテンツってのはやっぱり批判がないものだったりします。
きちんと批判を見て、自分なりに意見を発出して、対話して、落としていく、ってできる人がどれだけ少ないか。
結論ありきで頭の悪いことを言い立てる人がどれだけ多いか。


Ingressは社会の構図なので、この辺の構造も割と反映しています。
他人の動きを理解しようとしない人ほど、批判に対して敏感ですよね。
気を付けてG+を見ていると、社会の縮図を感じますね。

私はあちこちに出かけていっていろいろな話を聞けるツールとしてこのゲームを見ています。
イベントのついでじゃなくてもいいので、現地のいろいろな人と交流してみると、
自分が知らない世界がいろいろ広がっていて楽しいですよ。
お金を出さなくてもビジネステクニックとか聞けるので、勉強したい人にも結構お勧めしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント

        

なるほど。
色々違和感のあった事が腑に落ちた。
意見や批判を言うだけハブられるなんておれの生きてきた世界じゃありえないわ。
そんな程度の低い連中とうまくやる方ほどひまじゃないわ。
>ななし
この問題の根っこってのは、
この話がIngressの界隈だけで完結してないことなんですよ。

マスコミがちょっとアジったら安倍内閣の支持率が急落しちゃうあたりからもわかる話。

(ちなみに僕は反自民