叶姉妹とコミケとマーケティング

2017/ 08/ 14
                 
出先更新なのでリライトしますが取り急ぎ。

今回のコミケで叶姉妹の動きが評判になっていましたね。
ネットの反応は概ね好意的でしたが、気になっていることがありまして。

私も彼女らの動きには特に文句はないですが、
Twitterで、プロが後ろについてるだろこれ、っていう指摘をしている人がいて、
まあそのとおりだろうな、って考えました。

そしてさらにこの話を広げて考えたときに、
叶姉妹って何者なの?ってのが出てくるんです。

セレブレティというより血筋が重んじられるこの日本で、
モデルとしてだめとは言わなくても、そこまで抜きん出ているわけでも正直ない彼女らが、
日本で注目を集めたのも、外圧というか、欧米の習慣をうまく使ったマーケティングが
要因だったのではないかと私は考えています。

そして、今回のコミケへのアプローチも、
手法こそ異なれ、同一の思想で、どうすればバズるのか、計算され尽くしている匂いがするんですよね。

全部計算づくだとしたら、凄まじいコーディネートだと私は考えます。
ここまで周りを敵に回さず色々やれるって、すごいことだと思うんですよね。


まあ、私は百回生まれ変わってもグッドルッキングガイにはなれないので、
岡目八目で言いたい放題なんですが、
勉強になる話ではありますねー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント

        

めめたんは来世は美少女に生まれ変わりますよ。
ただし中身は今のままです。
あの二人のマネージメントは基本的に美香さんがやっておられるんですよ。
>ななし
美少女になっておじさんにあんなことやこんなことをされたいです

>ぬし
ああいうのは秋元康とかと同じ話でなんだかんだでユニットとして動いてる印象です。
仕掛け人も当然いると思っています。