VALU騒動のヒカル氏に見る、炎上と風化とお金の話

2017/ 08/ 20
                 
ヒカル氏がVALUの価格操作を行ったという話で大騒ぎになっている件で、
ネトゲ炎上芸人の端くれであるところの私から見た、個人的な考察を書いてみる。

ここのところ大騒ぎになっていますので、皆様ご存知の話だと思いますが、
ちょっと前提からおさらいしますね。

VALUとは
VALU | VALUについて詳しく

要するに個人に出資する仕組みですね。
出資法絡みは詳しくないのですが、Bitcoinを使っていたりなどなどと仕組みを工夫して
出資法に引っ掛からないようにしてるようです。

ヒカル氏はその辺の仕組みをうまいこと使って価格操作で大量に儲けを出した、ってのが今回の騒動でしたね。

YoutuberヒカルさんのVALU事件、いろんな方面に延焼中 - やまもといちろう 公式ブログ
何が問題かってのを大体書いてあると思われるのがこちらのブログですかね。

所属事務所がプレスリリース出していますけど

当社所属 Youtuber による VALU における取引について 株式会社 VAZ

僕の感覚だとこれ消えるヤツなのでSS添付しておきます。

ee401f9cbb6dd1620abe72cdc7867939.png


ツッコミどころは置いといて、本題。

私はいろいろネットで思い知ってきたので、あんまり善悪を語らないようにしていて、
この件も同じなのですが、ヒカル氏をいろいろ掘ってたらちょっと思うところがあったので、
つらつらと書いてみます。


2016年夏にテキヤのくじが詐欺だって動画でバズったヒカル氏ですが、
この時にシバター氏にお前も情報商材屋じゃねえか!ってツッコまれていましたね。

この情報商材なのですが、実際に買った人の話がはてな界隈で落ちてましたね。

情報商材アフィリエイトに手を出して思った詐欺と自己責任について - 東京インスパイア

そもそも論として、情報商材の何がダメかって話を分からない人に書くと、
超簡単に言って、売れれば売れるほど効力が落ちることなんですよ。
あと、簡単に儲かる方法を金もらったくらいで教えるアホは常識的に考えてどこにもいないんですよね。


置いといて、ヒカル氏の行動パターンとして、
「グレーゾーンで稼ぐ→そこそこバズって回収する→逃げる」
って行動を今回も取って規模が大きくて制御しきれず若干失敗した、という見方ができますね

怪しい界隈で怪しい行動をする分には引っ掛かるほうも悪い、って話になりますが、
今回の話だとお金を持ってる人たちがが目を向けてるところで、法律的にかなり黒いことをやったうえに
証拠を消すことで自分から悪意の証明しちゃってるのは若干迂闊だなーとは私は考えます。
その辺の情弱ならとにかく、金持ってる人たちをハメると報復が痛いですからね。

ただ、個人的にはヒカル氏そこまでアホにも見えないんですよね。
そもそも、本当にアホだったらここまでバズれないんですよ。

じゃあ何を狙っているのかな、っていうところを考えると、
時間の経過による話の風化と、そこから何事もなかったかのように別媒体で復活してマネタイズ
って路線を狙ってるのかな、って思います。

彼レベルだったら別にネットで露出しなくてもSEO界隈で飯食えそうですし、
コンサルとかで食いつなぐことも余裕でできるでしょうしねー。

あともう一つ言うと、怒りの感情って持続しないんですよ。
ネットの人たち今回の件で超怒ってるの散見しますけど、普通の人って1か月もしたら書くことなくなります。
それなりに燃えるDisり記事書く私が言うから間違いないです。
なので今回社会的に一時的に死ぬようなことになっても、
数年経ったら何らかの形で復活してくるかなーって思います。

今回の件、実際に詐欺だ!犯罪だ!!って話を出す人もいるかもしれませんし、
一般的に犯罪はダメだ!って倫理観ありますけど、騙す側にいるほうは
懲役1年あたりいくら稼げてる、って考え方しますし、そもそも本当に有罪になる路線はあれこれ回避するでしょうからねー。
最悪弁当持ち狙いするんじゃないかなー。


というわけで、私としては5年後くらいに何が起こるかなーって楽しみにしています。
騙されるお金がないので、見世物としてはとっても面白いんですよね!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント