地方移住とイケダハヤト氏と技術革新と地価の話

2017/ 10/ 01
                 
最近商材を地方移住から仮想通貨界隈に変えていってるイケハヤ氏ではありますが、何考えてるのか分からないなりに考察。

tochi_urichi.png


イケハヤ氏のブログでは地方移住について、「地方移住の良さを宣伝して、来る人を増やすため」ってスタンスで書いていますね。
転職アフィが大量に生えてるのは置いといて、これ自体は間違った考え方ではないと、私も思います。
確かに東京で消耗してる場合じゃないですよね、これからの世の中。

ただイケハヤ氏って基本的にポジションでしか話さない傾向があるんですよね。
言い方を変えると、儲からないことはやらない。
彼を掘っていろいろ見ていたのですが、
いくら儲かってるからとはいえなんで土地なんて買ってるのかな、ってのがちょっと興味を持ったポイントですね。
不動産の所有って結構今時リスキーな気がしていますしね。

とはいっても、ネットでしっかりマネタイズして、地方であれこれ作るのは楽しそうではあります。
僕もやってみたい。


話を戻して、冷静に今地方移住が現実的じゃない理由を考えると長期的に考えたコストなんですよね。
基本的な生活費は確かに安いのですが、あれこれ動こうとすると、東京と比べて高い。
片道一万でいけるじゃん!っていうし、確かに昔と比べたら段違いに安いんだけど、
それでも生活が安定してないとその辺はかなり不安要素になるんですよね
あとAmazon届くのも遅いし!宅急便も微妙に高いし!引っ越すのも高いし!!


で、いまどきその辺のコストってさ、暴論だけど大部分が人件費じゃないですか。
これさ、自動運転が実用化されて定着したら移動コストだいぶ下がると思うんですよね。

歳を食ってから運転したくない、ってのがさ、年寄りが無理してでも都会に住みたがる理由の一つだけど、
これも自動運転が実用化されて普及すれば困らなくなりますよね。

って考えると、結論を言うと、長期的に見ていったときに
技術革新が進むと、地方の地価が上がると私は考えています。
ただこれインフラの設営とかの問題もあるので、一概には言えない部分もあるとは思いますが。
その辺も込みのポジションなのかな、って私は考えています。

あとこれからの世の中土地に価値付くのかよ!ってのについても、
今後国内で確実に税金にできるものってまず土地だと思うんですよね。
他の資産は全部海外に逃がせちゃいますからね。
そして、海外逃げる路線についても英語教育を適当にする、って施策を故意かどうかはおいといて国がとったがために、
今の日本人は割とふさがれてますからね。


っとまあ、結論を言うと、
自動化などの技術革新で田舎での生活が楽になり、結果的に地価があがり、先に地方移住していた人は得をする、って流れが
もしかすると来るかもしれないなーとおもってあれこれ見ているところです。


もう一個地方移住って実は大きなメリットがあって、
政治のイニシアチブを取りやすいんですよね。
一票の格差の話を冷静に考えると、地方で集団を作ると簡単に国政に関われるんですよね。
格差3倍ってのはつまり、1/3の人数が居れば議席を取れるって話になりますからね、冷静に考えて。

都内で稼いだ金が地方に回っているわけなんですよね、実際。
って考えると、都内で貢ぐほうより地方で使うほうに回るのが正解かな、ってぼんやり考えています。


ってところまでイケハヤ氏考えてやってるのかなーって勝手に考えています。
実際、ちょいちょいと自治体絡みの動きもしていますからね、特に最近。

それこそこの話の答え合わせは10年後とかになりそうなので、楽しみに見守ろうかと考えます。




この際なので、著書のほうも目を通してみますかね。
金払って読むかなーとも思うので、、何なら図書館でもええと思います。
(Amazon張ってこれを言うやつwww
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント

        

地方の地価が上がる、なるほどそういう発想はなかなかありませんでした。
東京の地価が相対的に下がるということですかね。

海外、それも西欧系だと1食に1500~2000円位しますよね。
よくブログ界隈でも言われてますが、国内のデフレだけでなく周囲(海外)が成長して給与が上がっていながら、国内は滞留してて、気が付くと通貨価値である為替だけじゃなくて実質価値も相当下がってる(負けてる)という実感があります。

専門家じゃありませんがふとこんなこと思ったり。

>一肆さん
コメントありがとうございます。
私も何かの専門家ではなく、ネトゲ上がりの素人なのですが、
最近の流れを見ていて思うところを書いてみた次第です。

そうですね、一肆さんがおっしゃる、相対的な指標、ってのもポイントですね。

根っこには技術軽視があると思いますが、その辺はまたおいおい書いてみたいです。
そんなに難しく考えなくても、物価の安いところに住んで、物価の高いところに働きに行くってのは基本じゃないですかね。
イケダハヤト氏の思惑がどこまで当たるのかはともかくとして。
>ななし
あーそうですね。
単純に一番単純なところを書くのを忘れていました。
ありがとうございます。

自分も都内通勤圏内出身で、新幹線停まる程度の田舎に住んでいるのですが、
老後を考えるとガチで田舎は無いので、そこの思惑が気になっての記事なんですよね。

まあイケハヤ氏のことだから、シレっと東京戻るのもワンチャンありそうではありますが。