X目の案内人|色々参加して思ったゲーム内での説明上手、下手

2007/ 11/ 03
                 
伏字の中身を知りたければ聖書を読みなさい。
「異教徒は滅びて地獄に落ちる」とか寝言の書いてある不愉快な本であるが。
つーかなんでbiblos→bible→Bookが「聖書」になるのかが不思議なのだ。
まあ本がそれしかなかったからとかなんとかが理由だった気がするが、
個人的にはK唐の「俺たちの宗教は絶対」的な臭いが感じられて非常に不愉快なのである。

タイトルの趣旨は「分かってないやつが案内すると大変なことになる。」
差別的ニュアンスが含まれてるから伏字だが、
伏字をつけても外しても差別的なことには変わりなく、
言葉狩りとはかくも無力なのである。


ここまでは哲学ゼミの教授の話の丸パクリ。
俺もさすがに「ねーよ」思って一言二言反論したのですが逆にやり込められました。
さすがに言葉を弄んで飯食ってる奴は一味違います。

こんばんは。

閑話休題、
とりあえず今日の本題。


「説明ってむずかしくない?」


自分の人間観察によると、
リーダーとしてクエスト進行を説明する人間は以下の3タイプに分けられる。
・説明しすぎる人
・説明足りない人
・要点が分かってない人

ちなみに「ちょうどいい説明」ってのは存在しません。
理由は手前の脳みそで考えやがれ。
実体験から考えれば分かると思うが。



早い話が今日もマッドストーンの話なのだ。

全クエストが100%ルーチンワークだと思い込んでる脳が可哀想な人でなければ、
このクエストが人によって全くもって手順が違うことにお気づきだろうが、
自分の手順を「マッドストーン?ああ、あの攻撃が痛いところね。やったことはあるけど・・・」
くらいしか予備知識が無い人に説明するのがなかなか大変である。

完全に説明しようとすると、欧文最大450タッチ/minくらいの
標準的な事務屋さんの打ち込み速度を持つ私でも
さすがに10分は説明時間がかかるわけで、これの何が問題かと言うと、
「おぼえ切れない」
適宜説明するにしても、SPを事故に備え温存したいという条件まで考慮すると、少々厳しいといわざるを得ない。

「~読んで来い」というやり方を好む人が時たまいるが、
これも合っている様で実は間違いだ。

これを言われてまともに読む人が経験上ほとんどいないのだ。
「ああ、ここまで作戦立ってれば大丈夫だな」と安心しきってしまうか、
あるいはただ単に読み流して3分で忘れるか、一般的にはそのどちらかあるいは(論外なことに!)全く読まないかである。
「PTに来ている人をバカにするな」といわれそうだが、残念なことにこれは経験に裏づけされた厳然たる事実なのである。
「特殊例を一般例にしている」と反論したい諸君は「知り合いが誰一人いないマッドストン」を実際にやってみるといい。


自分が解決策として考えた方法は二つほどある。
1.VCを使う
声がキモイが我慢してもらう。
これは方法としては超効果的だが、
真夜中独身男性が一人部屋でマイクに向かって話しかけてニヤニヤしている図は
横の鏡を通してみると自殺しかねないくらい精神へのダメージが大きいのであり、
めめんとの中の人としてはできれば避けたいのだ。

2.簡略化された説明をする。
ここが自分のいう「必要十分な説明」である。
中の人としてはできればこちらを使いたいのであるが、
しかしどれくらいまでが「必要」でどれくらいまでが「十分」なのかが
まだまだつかみきれておらず、精進が必要である。


マッドは他クエより連携が必要とされるが、
(ここで言う連携とは「他のPCにあわせて動く」こと)
他のクエでも本質的には違いが無いのではないかと思う今日この頃である。

お気づきの通り、高度に訓練されていれば言葉など無くても動けるのではあるが、
そこらへんも踏まえて参加者に合わせて説明するには高度なテクニックが必要だと思う次第である。


なお、今日のこの口調は仕事中に他のビジネスメールを書く合間に書いており、
常日頃のように「氏ねよ下手糞wwww」とか全文に書き散らしているとごまかしようがなくなってしまうため、
堅苦しく書かざるを得ないだけであるので、
賢明なる読者の諸君に気にしないでいただけることを祈る今日この頃である。

どうせこれを上げた時点でばれて「また仕事中に・・・」とか月曜に嫌味を言われるのだろうが、
普段(文字通り)死ぬほど仕事してるんだから許してえええええええええええええええええええええええええええ。
つーか俺の目のハイライトが消えるほどの仕事量ってどんだけー。

以上。



帰ってきてから直そうかと思ったんだけどだるいからそのまま上げるわ。
こんなん直してる暇があったらゲームしたいからねい。
一行でまとめると
「修行するぞ修行するぞ修行するぞ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

他人に説明する時に一番難しいのは、
人によって「もっとも適当な」説明が違うことだと思ったり思わなかったり。
要するに、多くの人が説明しすぎだと思う場合は、
「一番理解していないであろう人」に向けて
説明していると思うので、個人的には助かります。
by そういうタイプを自負する人。
他のメンバーによっては、
「この程度の説明でもこういうフォローが入るだろうからおそらく大丈夫だろう」
っていう判断することもあるんですよね。
うーん、とっても難しい。