Holdfast: Nations At Warの立ち回り、攻略

2017/ 11/ 11
                 
20171110124556_1.jpg

相変わらず時間の合間にちょいちょいHF:NaTやってます。

日本人のキチガイが鯖にあふれてきたりと割とカオスですし、そもそもPub鯖でガチもくそもないのですが、
一応勝つためのコツ的なものを書いてみます。

基本的な操作方法はこの辺にまとめた。
Let's 戦列歩兵!(Holdfast: Nations At War)
キチガイで思い出したけど、VCのミュートも書いておきましたね、まあ結構やるのめんどいんだけどな。

ゲームモード
実はゲームモードごとに最適解の動きがちっと変わります。

ARMY BATTLEFIELD
両方のチケットが尽きるまで殴り合いですね。
基本ひきつけてハチの巣にしたほうが勝ちです。
実は冷静に考えると、押すと負けるクソモードだったりしますが、
バカゲーなのでほどよく周りに合わせて突っ込みましょう。

ARMY SIEGE
イギリスは攻める側、フランスは守る側です。
イギリスは湧きたい放題ですが、フランスはチケットが切れたら補充が効かなくなります。
なのでフランスで突撃しにいくのは絶対になしなのですが、時々いるんだよアホが(白目)

基本、フランスは芋れ、イギリスはつっこめ、なのですが、
イギリス側がちゃんと集団でゾンビちゃんとすれば、基本フランスに勝ち目はなかったりします。
この辺ゲームバランス的に面白い。
ビバフラーンス!!


立ち回り
肝心のこれ。

ロマンがない話をします。
ごめんなさい。
基本、一列に戦列組んで銃を斉射するのは無しです。

えーとですね、基本的な話なのですが、なんで当時の戦列歩兵がこんな戦術を使ったかと言いますと、
早い話が逃走防止騎兵対策です。

戦列縦隊の何が良いって、騎兵に銃剣の槍衾で対応できることですね。
なので、戦列が崩れたら騎兵が突っ込んでくるまでが実はセットなわけなんですよ。

あとは、この当時の歩兵は士気が超低いってのが基本事項としてありましてですね。
ピストルの射程内で言うことを聞かせる、ってのが一応目的のもう一つとしてありましたね。
このゲームはナポレオン戦争ころだと思うので、フランスの国民兵は士気高くはあったんですがね。


つまりこの二つの前提が崩れてるこのゲームでは戦列をきれいに組む必要ないんですよ。
人集めて並べて「ふぁいあー!」言って喜んでるバカがいて、バカはバカなりに楽しそうでいいんですが、
はっきり言っていいマトです。

知っての通り、このゲームレティクルが超広いのですが、レティクル内に二人入ってるとそれだけ命中率が上がります。
なので、隣のやつとは3m空ける、敵がいるところの直線上に入らない、が基本になります。

突撃の時に「Charge!!!」って叫ぶのは皆さんご存知の通りですが、

その時にちょっと「Spread Out!!」(散開!!)って言ってみてください。
それで通じる。


あと、結構大事なのが、突撃中にリロードすんな!です。
リロード中は動きがかなり鈍るので超良い的ですし、味方の足も止まりますね。


そして、普段の立ち回りは、基本陰でリロード、撃つときだけ姿を見せる


ということで、このゲームは銃の精度と連射性能が悪い近代戦でした。


あともう一つ、ライフル兵というリロードが遅い代わりに精度が高い兵種がおるんですが、
スナイプできるので人気があるのは置いといて、これ使って後ろでガンイモするのは無しですよ。
フランスの防衛なら引き気味でもいいとおもいますがね。

これは死角から相手をじわじわ削るのに使うほうが効果的ですね。
隠れられるポイントをいっぱい見つけておくといいかと思われます。

意外と盲点なのが、茂みの中ですね。
隠れると煙は出るんですが、どこにいるかわからんのです。
しゃがむと弾撃たれてもほぼ当たりませんしね。
たまに銃のさきっちょが草から出てて撃たれて死ぬのですけどw


何にせよ、頑張ってればそこそこスコアが出ますが、スコア追いかけまくるのはあんまり勝ちにつながらなかったりしますね。
その辺のバランスが難しいし、こう遊べ!とかこう遊ぶな!!みたいなのは特にないのですが、

マップの裏とりルートとか、隠れられるポイントとか上げていきたいのですが、
肝心のマップが見当たらないので、見つけた人がいたら教えてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

        
        

コメント