「女性が活躍できる社会」と婚活市場の温度差

2017/ 11/ 30
                 
議会に子供を連れてきて、叱られたら大騒ぎしている議員がいて、
ネット上でもこの話については、割と二極に分かれてフレームアップしていますね。

こんな話迂闊に書くとうちも炎上するんですが、ちょっと思うところがあるので記事を書いてみる。

あ。超僕の個人的意見としてはいかなる正当な理由があるにせよ、子どもダシに使うのはすげー吐き気がしますね。
自分がそれ(JW)でかなりトラウマありますので、あくまで個人的意見です。
あと、この話は全体的に政党バイアスがかかりすぎていて正確なところが観測できていない感があります。
政治の話ってどうしても経緯がちゃんとわからなくなりがちなんですよね。

さて。話を戻してそもそも論を書きますと、
女性の権利向上の話って、社会の実情と見合ってないと考えています。

そもそも女性共同参画社会とか育児の環境向上って話の根っこにあるのは
「女性が働きやすい環境を」っていう話がだと思っています。
選択肢として、働くことでサブ馬力を手に入れ、豊かな生活を得られる、という話ですね。
僕が小さいころ(バブル崩壊前後)にはすでに言われていた話ですね。

でも対して現状は「夫婦ともに働かないと生活が成り立たない」っていうのが世間の流れですね。
アウトプットが要件に見合ってないと考えています。

とりあえずこの辺りを感覚だけで話すと弱いので資料を見てみますか。


配偶者手当の取り巻く環境について - 厚生労働省

1a07725718a0af5fcf86121863ae8865.png

40年前と比較して共働き世帯と専業主婦世帯の割合が見事に逆転していますね。
私が子供のころは、親が働いていて家で留守番をする子供たちのことを「鍵っ子」なんて言ってたものですが、
今では鍵っ子更に増えて当たり前のものとなってきていますし、学童とかも昔よりは充実してるのかね。

更に次のページを見ると、非正規雇用がガンガン増えてきてる現状も書いてありますね。
本当はこの辺のデータもっと検証が必要な話ではあるのだけども、
単純に結びつけると、女性が外で働くのが当たり前になってきていて、かつ非正規雇用が多い、
ってのが実情として見えてきますね。


これに対して、「正社員労働できる環境を!」とか「同一労働同一賃金を!!」とかね
主張自体は正しいと思うんですよ。

んでもね、なんで
「旦那が稼いで女性は専業で」みたいな意見が出てこないのかな、ってのが自分的には不思議なところです。
僕は男ですが、働かないですむなら働かないほうが絶対いいと思うんですよね。

そもそも少子化対策言ったってさ、どんなに共働き核家族実家支援なしのシチュエーションで、
子どももつのリスキー過ぎない?どう考えても無理じゃない?って最近思うんですよ。

会社に育児している社員いますけども、子供が熱出したら休むわけですよ。
育休したら代替要員必要になるわけですよ。
その辺の話って企業努力とかとまた別の話になると僕は考えています。




この辺でもちょっと問題提起をして、反響が面白いですね。勉強になりますわ。
この問題含めてちゃんと考えるのが企業の仕事だろ!って言われると割とその通りなんですが、
行き過ぎると今度は経営できなくなるんですよね。

すでに業種によっては女性を正社員雇用すること自体が、すげーリスキーになっていますね。

最適解はそもそも子育て中は仕事しないで済むこと、もし働きたいときにはすぐに正社員労働に戻れること
あたりじゃねえかな、って思っています。

これはこれで高度な労働で実現ができるのか、っていう問題がまた発生しますが。

この話のもう片方の読み方としてですね。
いまだに専業を養える体力がある世帯がざっと3割あるんですよね。

これね、私の実体験的にもわかる話だったりして、私ここ1年くらいネットで婚活しとったんです。
成果は出なかったけどな!!!

使ったのは

婚活パーティー・恋活イベントなら、ゼクシィ縁結びPARTY


ここと

【Pairs】(R18)


ここですね。

人柱レポしますとですね。

ゼクシィはターゲットが主に首都圏っぽくて福島じゃ使い物にならなかった(嘆)ってのはありました。
(仙台行かないとダメでした。話のネタに一度行ってみましたけど。)
ネット婚活サイトもあったのですが、こっちも福島は登録者数が少なくて勝負にならない感じでしたね。
残念ながら。


対してPairsは田舎でもそこそこパイがありますね。
基本料金しか課金してませんでしたが、僕レベルの顔面でもそれなりにいいねが飛んできてました。
ウソじゃねえぞ!

d61422e883c3b4b01bc413f00577eb88.png

自分からいいね押してマッチング成立した人とのお話はもっと多いんだけど、プライバシーとかあるので。

まあマッチングソフトははやりすたりとかどの地域が強いかのターゲティングの違いがそれぞれあると思うので、
無料である程度見てから自己判断したほうが良いと思います。

あとPairsは課金が自動で継続されるクソ仕様のでやる気がないならさっさと切らないと痛い目に遭いますが、
少なくとも僕が使っていた段階では、自動課金をOFFにすると有料会員解約になるという超不親切仕様だったので、
Googleカレンダーか何かに「解約日」って書いとくといいです。
自動継続一日前に解約しないと解約できないです。

まあ専用クレジットカード作って即効でカードを解約する手のほうが早いかな。

ええ、被弾して損こきましたOrz

m9(^Д^)プギャー

とりあえずTwitterで女性釣ってるよりは成功率(誤字禁止)が高いので使いたい人は使うと良いと思います。
客層は一応真面目に婚活やっている方々ではありますので。
あれこれセールスポイントがあれば割と話するところまでは全然いけますね。
僕は結婚したい人に逢えないんでちょっと今は手を変えています。
うまく行ったらどや顔で書きますね!


まあ置いといて、あれこれ婚活した感想を言うと、女性側の要望として
「できるだけ高年収、ある程度高身長、学歴MARCH以上」くらいのがニーズとして存在しますね。
恥ずかしいことに僕身長しか満たしてないのでアホールドされて放流される事案多すぎので
全体的に非常に不愉快だったのですが、それは明確に俺のスペックが低いのが悪いので置いといて。

数人と会って話したんですが、明確に専業ニーズが存在するんですよね。
まあ男側の当事者としてはですよ、30過ぎて贅沢言ってるんじゃねーよこのハゲェェ!!って思わなくもないんですが
それはお互いさまというかハゲは俺なので脇においといてですよ。

ニーズが存在して俺自身キープからの放流まで食らってる、ってことは、逆から考えると、
これを受け入れられる層ってのも確かに男側にもいるってことですよね。

繰り返しになりますが、世間的ニーズとして、「働きたくないでござる」が明確にあるわけですよ。
みんなが幸せに働ける社会より、みんなが働かないで幸せになれる社会のほうが小生美味しいと思うのですが、
如何でしょうか。

ムダに努力することより結果を出すというか、不労所得稼ぐことに目を向けたほうが良いと思うんですよね。
別に頑張らなくてもお金稼げればそれでいいわけですし。逆に稼げる状況作れるのであれば死ぬ気で頑張ればいいんだし。
「金持ちを捕まえて専業主婦になるために努力する」みたいな話は超合理的ですよね。
あっしにはかかわりのない話でござんすのが残念でなりませんが。
この話をもう少し早く知ってれば若い燕を目指したのに!きぃい!!

もっというと一億総ニートみたいな状況になれたら最高だよね。
最近日本が貧乏になってきている話を、
老害は階級間格差の話にすぐするし(いまどき古典社会主義かよwwwwwwwwてめえも資産持ちのくせにwwwww)、
俺らは俺らで老害のせいだっていう世代間格差の話で考える傾向があって
長くなるのでやらんけどバブルの責任の話とか確かに思いっきりしたい部分もあり、
俺から言わせてもらうと何党だろうが全員責任者なんだよとか言いたいけども、
だからと言って別に自分が幸福になるために他人が不幸になる必要もないわけなんですよ。


というわけで、みんなに不労所得入るようになったら最高だと思うので、
まず千葉の沖合あたりで大規模油田見つけたら俺の勝ちってことでよろしいでしょうか?

石油王になってハーレム作るぞー!!
このエントリーをはてなブックマークに追加         
        

コメント

        

私は働けるなら働いていたい。専業になりたいと考えたことないです。収入だけではなくて社会と繋がるために働いていたいです。
>はちさん
あーそうか!
働きたい!って方面の需要もあるのか。

自分があまりに働きたくないもんで、そこには目が行かなかったです。

勉強になるなー。
女性活躍社会ってのは
少子化の話より高齢化の話がメインだと思ってて
簡単にいうと この先、定年とかの概念は無くなって行く中で
ジジイを死ぬまで働かせると、病気や怪我で仕事に穴開くのは当然になるので
その前段階として子供産める若い年齢の女性が
育休などで仕事に穴開けても大丈夫な冗長性を企業は持って当然にしときなさいって事かと
>ななし
そっちからの見方もありますね。
企業に負わせる荷物でもない気がします。

あと記事でも書きましたが業種によって事情がかなり違うので、なんでもかんでも枠につっこむとアレなやつな気がします。