ネトゲから学ぶ、他人への評価の基準について

2017/ 12/ 11
                 
ネトゲって割と世の中の縮図なんですよね。
冷静に考えて、評価基準の部分に学ぶことというか、気づきのポイントがあるので記事にしてみる。

晒しスレあたり含めて、叩くときのテンプレとして「あいつは何もやっていない」ってのがあるわけですよ。

ことIngressに関していうと、僕は実際何もやっていなくて、賑やかししてるだけなのでこの評価は当然のものなのだけども、
仮定で意味がないのだけど、もし僕が日本を囲む動きをして成功したとして、その場合評価がどうなるかというと、
面白いもので、これもやっぱり「あいつは何もやっていない」になるんですよね。
ちゃんとやってる人は知ってる話だと思うけど、ゲームのリーダーなんて目立ってあれこれやるのが仕事じゃないので、
最終的には何もやってないように見えるもんだし、それができん奴はリーダーたりえないってのもあるのよ。
なのでお前の力じゃない、って絶対言われるし実際一人の力でも無いしね。

この話の結論としては、大雑把にいうと、ネットでの方向性として無難な解としては、
無駄に嫌われないようにしてB層狙いに行くか、分かる人にだけわかるような動きをしてそっちの支持を広げるか、
という二択になるんですよ。どっちも正解だしどっちも不正解だし色々応用もあるけど。


僕はこのブログを始めたころとか本当にコミュ障で、
あちこち意味も分からずかみついていたところもあって、今なんか比較にならないくらいたくさんの人に迷惑をかけたんですよ。
今はまだ迷惑をかけてるのを自覚しながらやってる分、昔よりナンボかマシですね。自分で言うことじゃないけど。
別に認められたいとかじゃなくて、単なる色々な自分の不幸に対するルサンチマンなところはあったけど、
当時のネットの人たちは面倒見がよかったから、なんやかんや動いてる間は面倒見てもらえましたね。
今も面倒見が良い人はいっぱいいるけど、広くなった分、自分で見つけに行く手間がちょっと必要かな。


話を戻すと、私はあんまり他人の承認を求めていなかったんだけど、
最近冷静に今までの人生振り返って考えてみると、
やっぱり自分の人生をコントロールするには自分で大きなことを成し遂げられる人間にならなくちゃいけないわけで、
大きく何かをしようとしたらやっぱり人の力を借りないといけないわけで、
じゃあ何をしたら他人に認められるのかな、ってのを結構考えていますね。

さっきも言った通り、ゲームで大きなことをするだけじゃあダメなんですよね。
この話、最終的にゲーム外に落ちる話だと私は考えているんですよね。
場外でブログを書くとか場外戦をするとかそういう話じゃなくて、
人間的魅力っていうのかな、人を引き付ける何かをちゃんと作ることが必要なのかな、って思っています。

突き詰めて考えていくと、これって割とロジカルな何かじゃないんですよね。
もう少し感覚的な何かで、例えばカリスマと呼ばれるものもこれかなー。計算ずくではあるけど理論で作れない奴。
例えば、好かれるのが最善だけど、次善は実は嫌われることだって経験則があったりしますね。
これセールスで客を怒らせるテクニックとして使う人がおるんだけど、(フォローが難しいんだけどね)
特に出遅れてるときとかに印象ギャップ使うのがゲームの世界でも超効果的だったりします。
これは本当に理論で説明できない奴ですよね。

人間を引き付ける、をローカルでやってる究極の例がオタサーの姫案件だと思うんですよね。
Ingress界隈でも姫が頻発していて、若いだけでチヤホヤされて調子に乗るの本当におめでてーなって思ったりもします。
(そしてそれを指さして笑う俺には当然女性は寄ってこない)
前はバカにだけしてたけど、あれもあれで学ぶ要素結構多いんですよね。
レベルが高い人は、周りの人間の力関係をコントロールすることで自分の立ち位置をうまく作りますよね。
オタサーの中での立ち回りもわかってる人と分かってない人でだいぶ違ったりしていて、
外で見ているとかなり勉強になりますね。

ゲームの良いところは失敗しても窓際に追いやられたり退職強要されたりしないことであったり、
他人をまきこむ術をあれこれ学べることであったり、あとは公開であれこれ情報が出てくることだったりしますよね。

今までブログの餌にしてみていたのだけど、よくよく考えたら割とリアルでも活かせる話なんだな、って分かってきたので、
今後はもうちょっとよく考えてみようと思いますね。
コメントで浅いって言われないように頑張ろうー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

”レベルが高い人”は基本的に”人たらし”が多いように思います。息するように羨望を集めるというか。もちろん例外はあるけど、傾向的に。

もちろん個人の努力あってのものですけどね。
>11さん
まさしくおっしゃる通りで、Twitterでそういう人はネトゲに居ないから!という温かい言葉をいただきました。

いないわけじゃなくて表に出ないだけで、結構ちょいちょい助けてもらってる、ってのが私の見解ですけどね。
記事とか読む気ないけど、このままフェードアウトしていいよ
お疲れ様


読みにきとるやん!

書く気はあるけどぼくとても忙しいのよ。師走でしょ。