ICT普及と、職場での端末使用の話

2018/ 01/ 21
                 
どこの業界でもICTICTうるさい昨今ですね。

そもそもITって言葉がどんくさくて、今は亡き小渕氏あたりが何だかわからず言ってる印象しかないのだけど、
これをICTに言葉を変えたところでどんくさい印象は変わらない気はするのですが、
どちらにせよ、名前を変えたくらいで世間一般の印象が変わるのはバカらしい話ですよね。


ここのところどこもかしこも「これからはICTの時代だ!」って経営者が息巻いてて、
面白いなーというか端的に言って大手システム屋のエサなんですが、
不思議に思うことがあるんですよね。


自分の話じゃなく、どこもかしこも職場で端末いじってると怒られるんですよね。
(僕は怒られてもいじってる)

まあそりゃパズドラやってたり、どのゲームとは言わないけどリチャージしてたりしたら叱られて当然ですよ。
あとはずっとチャットしてたらダメだろうし、客の目の前に立つような職種だとそもそも端末触れませんけど、


ICTいうからには端末使わないと絶対もったいないんですよね。

例えばさー、打ち合わせするときにカメラ使うだけであれこれ捗るんですよね。
型番撮っといたり、記録のこしたりするのにすげー使えるわけですよ。

これにEvernote組み合わせたら可能性が無限大ですよ。
年5千円課金すればどこの端末でも仕事ができるわけですよ。
ソース書く仕事の人たちはこんなんすでに当たり前になってると思うけど、
そこすら追いついてないのにICTもくそもないなーって思うわけですよ。


更に。

セキュリティ絡みの話も最近あれこれうるさくなってきてるけど、
会社の偉い人たちがそもそも何ができるかわかってなかったりするわけです。

別に俺はDropboxやGoogleDriveを使うななんて話はしませんし、
アメリカが情報を抜いてる!みたいなことも思わないのですが、
最低限使ってみないと規定の考えようもないわけですよね。

さっきのEvernoteにしても仕事のやり方が変わる反面セキュリティ上の懸念が出てきますが、
それも含めて使うかどうかって判断が必要ですよね。


なんか、実際に使ってみる目線無しに安易にあれこれやろうとしているなと
最近あれこれ見ていて考えることが多いんですよね。
「それTrelloでええやん!」みたいな話に大枚はたきそうになったりとかね。


なんかなー、もう少し世の中が変わっていいんじゃないかって私は思っていて、モヤモヤしていますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント