人間の境界、人権の話

2018/ 02/ 08
                 
私含めてアホだからって収容所に押し込められて絶滅されたり、
自慢のおちんちんを切り取られたりしないのは非常にありがたい話ではあるのだけど、
正直感情ベースで言うと「人間だれしも生きる権利を持っている」という話にはちょっと?マークがつくことがある。

テレビの障碍者番組とかを見ていると、
コミュニケーションをとれないレベルの人間を甲斐甲斐しく世話をする家族の特集がされていたりするが、
まあ家族はそれでいいならいいとして、どれだけ税金がかかってるんだよ!と思わないこともないわけで。

更にそういう家族で他の兄弟がないがしろにされていたり、財布にされていたりするのを見ると、
誰にとって得な話なんだろう、これって思ってしまうわけです。


ちゃんと人間として育っていない人ってのも結構いますね。
ネットで知恵遅れレベルの人間とかかわるのは非常にストレスが溜まりますし、
彼らに人権がないだろ!とか思うこともあります。
Twitterあたりでも学校教育を受けているはずなのに人間として行動できてない人がいますね。
完全に理性の敗北だと思う次第です。
(ネトゲはもっとひどかったけど)


かといって、本当にその人がわかっていないかどうかってのも難しい話ですね。
高度な知性があっても表現できないこともあるでしょうし、知性ベースで考えるのもそれはそれで危険ですね。



本題はここからで、この話って先天性の話やら成長ベースで考えがちですよね。

んでも、最近身内の老いを見たり、事故で跡形もなくなったり、みたいな話を聞いたり、
あと私自身正直若干衰えはじめているのもあり、すごい思うことがあって。

自分はどういう状態まで生きているべきなのか、ってのは割と結構考えちゃいます。
今すぐ死ねって暖かい言葉をかけられるだろうのはわかるけど、僕がしてるのは生産性の話ね。

社会にプラスであれマイナスであれ何らかの影響を与えられる状態で生きていたいなーって思うわけで、
それがない以上は生にしがみつきたくないなーと個人的には思うわけですよ。


なんか取り留めもなくなっちゃったけど、この先考えていかなければならない話だなーって思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

人に平等に愛情を注ぐと俺のようになるぞ
どういう死に方をしたいかによるのかもしれんですね
死ぬために生きてるからなあ。
満足な死のために生きてるからそれまでは生きたいんだけど
だから免許の裏、移植のサインすんのが怖い
>ぬしし
確かにグラナダって平等だよねー。
良くも悪くも。

>名無し
そうですね。
葉隠とかの思想に近い話かもしれませんね

>名無し
私もそうなんですよね。
ただ死ぬまでに何か残したい。

>とよはし
生死に関してはわからないことだらけですよね、
私も不安でいっぱいです。
ロックドイン症候群になったら恐怖だろうと想像したことがあります。
意識はあるのにその意志を伝える手段が何も残されていない状態になることもある患者さんに接することもある医師のもとで働いていたことがありますから。
よくあるドラマで、外部から完全に遮断された環境に閉じ込められてしまうというのがあるでしょう?
中からドンドンと叩くんだけど誰にも気づいてもらえない。
その状態そっくりになってしまう。
そうなると死にたくとも死ねないし、回復の道があるのかどうかも聴覚がまともに働いていたら聞く機会はあるかもしれないけれど、だからといってそれに反応することもままならない。
実際にそういう人もいるわけだから具体的に怖かったのを覚えています。
当時は接しているのが医療側の人たちだけだったので、看護する側のことは考えていませんでした。
助けられるものは助ける、反対の意志を本人が示していないのだから一択です。
ただ、今の私の立場はまるで違います。
医療から離れて感じる患者とその家族と諸々?
家族にだって人生あるし、患者自身にだってロックドインでなければ意思がある。
医療側が患者を拒否することは本来できない。
でも治す気のない患者にリソース割くのだったら、その分を他の治す気のある患者に振り向けたほうがなんぼか気が楽。
患者家族だって、本音はそう。
でも、いざ自分がって考えた場合、私は何があっても生きることを選択したいのね。
苦しいことがあって気が迷うことがあってもなお、しぶとく生きることを選択したい。
ロックドインでなく大脳が完全に死んでしまったのなら意思なんかないから早く心臓死させてほしいけど、ロックドインで気づいてもらえず焼却処分ってのは嫌だなぁと思う。
ただ…
看病にあたる家族が疲弊してしまったら、そのときは諦めますからどうにでもしてください、とも思います。
この問題は難しいですね。
>にわぶーさん
あー確かに、周りにつたえる手段がなくなる、ってのは死ぬよりつらいかもしれない。

どうやってそれを回避するか、ってのが死ぬより怖いですねー私
めめたんって社会のために生きてるの?
社会の生産性が自分が生きるための理由になるの?
なんかそれはちょっとむなしくないかな。
人はその人であり続けるために生きるってなら話は分かりますよ。
>名無し

>人はその人であり続けるために生きる
そうですねー。いいこと言いますね。

おっしゃる通り、他者との関係性に何かを求めすぎなのかもしれません。