福島県須賀川市の「ムシテックワールド」に行ってきたよ!

2018/ 03/ 03
                 
虫が好きか嫌いかといわれると、知識としては興味はあるけども自分から拾いに行くほどではないです。
そんな私がなんでちょいちょい虫絡みの場所に行ってるかというと
端的に言って

嫁のご機嫌取り

に過ぎないという時点で我が家の力関係をお察しいただけると思います。


ともあれ休みの日にどこかに行こうかとか思いつつも引っ越しを控えていて微妙にお金もないので、
どうしようとおもいつつ、遊び場所探していて見えた文字に反応して

「ムシテックワールドってのが隣町にあるけど、行くかい?」と聞いたところ、
テンションが瞬時に爆上がりしていたので、仕方ないなーということで行ってまいりました。

須賀川市にあるムシテックワールドですね。


OA000114.jpg

万博の跡地に残っている建物で、周りには何もありません(福島あるある)
ちなみに須賀川市はウルトラマンゆかりの地でもあったりしますので、興味がある方はぜひ。

ここ、入場料が一人400円ということで、圧倒的コスパ。

しかーし。何はともあれ閑古鳥。

平日の昼間に行った我々も悪かったのですが、職員が10人くらいいたのに対して客は我々だけ。

若干羞恥プレーっぽいシチュでしたが、受付のお姉さんはとてもやさしかったです。


OA000101.jpg

入館記念に一枚撮って某所に報告したら、「殴りたい」って言われました。酷い。

あちらこちら手作り感半端ない館内ではありましたが、
手作り感といってもレベルが高いんですよね。悪口じゃないやつ。

OA000103.jpg

これ、ボール紙でできてるんですよね。
子供が触ってもケガしないレベルで端の処理がしっかりしてるし、ダイナミックだし、見てるだけでわくわくしました。

OA000102.jpg

極めつけはこの卓球台。
すごいしっかり作られてました。虫関係ないけど。

大人げなく二人で卓球してましたが、普通の卓球と感覚が全然違いすぎてとにかくやりづらい。

肝心の虫コンテンツは少ないながらしっかり作られていました。
まあ量を期待するとがっかりすると思います。

全体的に公民館+アルファって感じですね。
土日はあれこれ体験学習ついてるっぽいけど、平日は行っても残念ですね。

KIMG1039.jpg

子供向けコンテンツにカチコミを入れる嫁。ガキだな

KIMG1051.jpg

昆虫の標本もそこそこしっかりしていましたね。



ここの施設の極めつけというか目玉は、

直接虫に触れることができること

管理をしているお兄さんは久々に虫好きの大人が来たことに大喜びして、
嫁と虫話で盛り上がっていましたが、僕は話が1mmもわからないのでダジャレで茶々入れたけど無視されました。

虫だけに。

とにかく。

虫の写真を見てくれ!

ヘラクレス!

OA000104.jpg

からの

OA000108.jpg

ゴキブリ

まあ熱帯系のやつですけどね。
このあと手でつかむところまでやってみましたけど、ゴキブリってつかむと鳴くんですね。
また要らん知識を身に着けてしまいました。

あとゴキブリをつかんだ人は今までいなかったとのことでした。
俺と嫁は平気でつかんでましたが。


そして、極めつけがこれ

OA000111.jpg

めめたんから必死に逃げるアオダイショウ君

彼は小学生にいつもいつもひどい目にあわされているらしく、
割と爬虫類には珍しいあきらめの境地に達していました。超大人しくてびっくりしました。
かわいかったー。


先ほど書いた通り、ここは平日はほぼ何もないのですが、
館員さんたちがお土産を用意してくれました。

プラ板工作です。

KIMG1055.jpg

これに絵を描くやつね。


私の作品と嫁の作品を並べてみました。どっちがどっちかはお察し。

KIMG1057.jpg

ゴキブリにした人は初めて見た、と館員さんも苦笑い。
ワイのセンスに脱帽やね!

KIMG1060.jpg

プラコップでもできるよ!とのことでもらったので、


KIMG1062.jpg

採尿カップを作ってみました。
焼いたら溶けてぺちゃんこになったがな。


ほんとうちのアレがすみません。



っというわけで、あほなこともやりましたが、というかアホしかしてませんが、
400円でおつりが出るくらい楽しめましたね。

皆様も近くに寄ったときにはぜひ行ってみることをお勧めします。

土日だともっと楽しいと思われますよー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント