どうにもこうにも

2008/ 04/ 03
                 
色々と自分が情けなくなることの多いこのごろ、 奮起のためにちょこっとメモ 警句系のことを時々偉そうに吐きますが、 文才の無い中の人にとっては その文章一個は血の一滴だったりします。 レイド絡みに見えるかも知れませんが、必ずしもそうではないです。 最近レイドしかやってないから、そういう臭いがするだけ。 俺が出来てることを並べて誇っているわけじゃあないので念のため。 完璧ならざる未完成人としては、 自分で書いてるペンが胸にぐさっとささる。 「理由のない成功はありえるが、理由のない失敗はない」 AAレイドで良く思うことでもある。 書記長の言ってることにも一部つながるのかもしれない 「練習して上手くなるとは限らないが、練習しないと上手くならない」 自分は激しく不器用だから特にね。 「練習量は言い訳につかうな」 「少ない」も「たくさんやってもダメだった」もどっちもかっこうわるい。 俺の悪い所は少ないのを言い訳にしてしまうこと。 「要らないクラスがいるわけじゃない。要らない奴がいるだけだ」 昔ガチガチ構成じゃないと死んじゃうヘタレどもを見て思っていたことを 最近何かの機会に周りに話すことが増えてきた。 このセリフは結構聞いた人がいるのではなかろうか。 結局、クラスやビルドやアイテムはただの香辛料 味付けは料理に必須だが、 中の人という食材が腐っていると、何の意味もなさない。 早い話が、カレー味のウンコはただのウンコ。 この手の警句に近い物は結構みんな隠し持ってたりします。 こぢんまりとまとめているわけじゃないが、 漠然とした形で持っていることを話していてよく感じます。 俺はそれを引き出して短文にしているだけなのかもしれないし、 分かったつもりで自分の思いこみを書いているだけなのかもしれない。 でもこの辺の事を頭で唱えながらやると、すげー集中できるので、 一応かいてみてしまった次第。 今日も頑張ろうっと。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

 某レイドは悲しいことにほとんどSORでしか出てないけど,某EPICの人が書いてることは当たり前すぎて当然やってますね。そこまで達観するために必要な時間は人よりかかったのかもしれないが。
 どうもそういうことが周りからは「まったく気がつかれてない」らしいですね。
 またそう書くと「読んできた」だけの人が同じことしようとして平気でしくるんだろうな・・・。自重自重。
 
 あそこに書かれてる大事なことは「余計なことをしない」なんですが,なんだか色々やりたがるんでしょうか。
 「必要条件,十分条件」が日本人の最も苦手な概念ですね。「死ぬほど練習すれば必ずできる」「なんでも手数を増やしたほうがいい」
 「余白の美」「わびさび」を慈しむ日本人に本質がわからないはずないと思うんだけど。
 あー,ハッキリいわないとわからんらしいから,言うとな,「ジャンプPOT飲めボケ!」というやつと「CLRのジャンプを絶対切らさないようにしよう!」と思ってる人の間にはな,銀河系より広い溝があるんだよ。あらゆる面でな。
 
届かないっていってる以上、
俺からはああ答えるしか。
確かにあれだけちょくちょく飛んできてて、
切れるのが不思議なんだけど
(さすがに気づいてます、ありがとう
飛ぶ瞬間にジャンプがないなら、
解決法はPOTのめになりますな。
それこそ自助努力するしかない
回復レイズすぐに来るからといって
下手に死んじゃまずいのと同レベルの話だと思うよ
自己しないと死ぬときは死なない努力を。
ってやつ
クレの動きも見てない人は見てないんでしょうが、
言ってどうにかなる話じゃないから
諦めてます。
一年前くらいに。
仮にちゃんと入ってて言われたなら
お前は何を(ryはばにどんに言ってほしいかな
俺キャパぱんぱん。助けて。