モメンタムの話

2008/ 08/ 30
                 
聞きかじりだからちょっといい加減な所もあるけど、 お見逃しを。 アクションゲームでもボードゲームでもスポーツでもいいんだけど、 対人ゲームをしていて、パワー的には明らかに勝ってるのに、 試合に勝てないことってありますよね。 こういうときって負けたときの言い訳で、 「流れに乗れなかった」っていういい方をすると思います。 この「流れ」がいわゆるモメンタムです。 よっぽどの実力差や、ルールに問題がある場合以外は、 力の弱い方にもチャンスがかならず訪れます。 サッカーを観てるとわかるけど、 日本vsブラジルとか、わりと負け確な試合でもゴール前まで攻め込むことは けっこうあるし、それで実際に勝っちゃったこともありますよね。 あー、サッカーといえば、 チャンスボールを全部ホームランする人もいるねえ。 日本代表クラスでw 流れが来たときにしっかりスコアを稼ぐ能力や、 流れが悪いときに損失を最小限に抑えるのは、 割と精神的な要素が絡んできます。 スポーツと精神論が切り離せない場所にあるのは、 つまりはそう言うことです。 但し、流れを引き寄せるには実力が無いとお話になりませんので、 旧軍の例を挙げるまでもなく、実力無き精神論は意味のない物になります。 めめさんは昔は対人戦の駆け引きで、割とこのモメンタムを利用して、 心理戦を繰り広げてましたが、 最近人と対戦を滅多にしないので、色々忘れています。 ただ、AIを相手にしているときも、 サイコロの機嫌等で割と波が出来るので、 イケイケの時に押し込むことと、駄目なときに粘る能力、 両方が必要とされます。 DDOも同じ。 全滅しかけの時に粘るのは、精神的要素が強いです。 「流れに乗れなかった」の替わりに 「息があわなかった」とか「雑魚PTすぎた」とか 言い訳は色々できるのも同じだし、 全滅しないような努力をしない人は 危険な状況下で実力を発揮することが出来ない、 実力無き精神論は無意味である、 という理論についても同様に当てはまりますね。 個人的な意見ですが、 イケイケの時に押しこむのはみんな大得意だけど、 リカバーの粘りってのは残念な人が割と多い印象です。 自分もクレで本格的に耐えるのは30秒が限度です。 ゲームで精神論(笑)とかいって馬鹿にしがちだけど、 かなり重要だよ、って話がしたかっただけです。はい。 +いくつ、とか最高だめーじがいくつで、も大事かもしれませんが、 車輪が片方しかない自転車じゃピエロの真似は出来ますが、 自転車競争には勝てないんです。 というわけで特に落ちも無く終了。
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント

        

 金以外要らない。ママ金とか。
 なんか「言ってれば実現する」言霊みたいなのはねー・・・。
 スポーツでイメトレとか大事なのわかりますけど、「こうやって打つ」「こうやって投げる」とかじゃなくて「こうやってチヤホヤされる」みたいなイメトレしかしてなかったんかなw。
あれは勝ちへの執念的な物がたりないんだと思います。