音の話の続き。

2008/ 11/ 28
                 
いつも通り よそのAAで怖い人呼ばわりされたり あずちんとゾンビ撃ちしまくったり 音の反応の続きだけど、 まあヘッドホン被ったら色々思い出してきたので 適当にクレ向きに音反応の話でもしてみましょうか。 ■初級 ・ネガ ネガの判別法は3つあって 音、エフェクト、HPバー 基本自己申告する類の物ではあるけど、 8割方はひろえないとダメだと思ってる。 これで音の方向まで分かってたら その方向見て適当に直タゲしてマスレストとか 対応の幅が広がったりするんだけど、 最近そこまで精密な動きをしていないので 出来る自信はない。 ・ホールド これは見れば分かるんだけども 緊急性が高いので音でも分かるようにしておいたほうが良いかと。 ・DOT 今は昔ほど即対応する必然性は低くなってるけど、 どの音が何かを覚えておくに越したことはない ただ何処で何を食らうかが決まっているので DOTっぽかったらその場に応じたレジ入れるなり 初めからレジ入れるなり ■中級 ・戦闘音を聞き分ける 正面以外で戦闘が行われているのに敏感になると 動きの幅が広がるです。 キャスが殴られてたりなんだりね。 あと味方のRGRが弓ぶっぱしてるのとかも 割と分かりやすいよね。 ・味方のスペルを聞き分ける キャスが設置の詠唱に入ったりとかを聞き分けるのも 割と大事です。ちょこっと掩護に入ればファインプレーも夢じゃないんだぜ ・ 書いててめんどくさくなってきた 続きは気が向いたら書くとしよう。 何このなげやりっぷり。 ていうか正直な所 Boomerの声が耳から離れなくて DDO的なことを正確に書けない気がするんだw そういえば書記長がまた面白いキャラを カンストまですごいスピードで持ってきてたけど http://soroist.blog31.fc2.com/blog-entry-141.html とか適当に晒してみる
このエントリーをはてなブックマークに追加
        
        

コメント